膝の痛みだけでなく動かすとゴリゴリ音がしたり、お皿の違和感や不安定感を感じる『膝蓋軟骨軟化症』~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

🔷膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)

 

膝の痛みだけでなく動かすとゴリゴリ音がしたり、

お皿の違和感や不安定感を感じる

『膝蓋軟骨軟化症』とは、

 

膝蓋骨の裏にある軟骨が、

大腿骨と擦れ合うことが繰り返されることで磨り減ってしまう症状です。

 

ランナー膝ともいわれ、

飛び上がることや曲げ伸ばしを繰り返す事で発症します。

 

若い女性の発症者が多い印象です。

 

 

 

 

 

 

 

🔷発生のメカニズム

 

膝関節を屈伸する際に、膝蓋骨が大腿骨とぶつかってすれて炎症を起こして腫れます。特にランニングや深くしゃがみ込む時に痛みます。

 

 

膝の屈伸運動をしたときや

椅子から立ち上がるときなどに

膝に何か挟まるような感じがし、

コキッコツッといった音がすることもあります。

 

 

ランニングでの足の着地の瞬間、曲がる膝に対して衝撃吸収のためにブレーキをかけて、かつそこから踏ん張って(大げさに表現していますが)また膝を伸ばしていくということを繰り返します。この動作の繰り返しで膝蓋骨が大腿骨上で擦れたりして痛みが起こるのです。さらに大腿四頭筋の緊張が加わると膝蓋骨が大腿骨に押し付けられるため、膝蓋骨と大腿骨の摩擦がより大きくなってしまうのです。

 

膝の皿は通常、膝関節の前に位置していますが、膝を曲げると膝の皿の裏側と膝関節の骨、具体的に言えば大腿骨(太ももの骨)とがこすれます。膝の皿と脛骨(すねの骨)、膝の皿と大腿四頭筋(太ももの筋肉)は、腱と靱帯(じんたい)でつながっています。これらのうちのどれかの動きに異常があると膝のお皿の裏側と大腿骨とがこすれてしまい、すり減って柔らかくなる、つまり膝蓋軟骨軟化症(ランナー膝)が起きるのです。

 

 

 

 

 

🔷膝蓋軟骨軟化症という結果を引き起こすもとになる要素

 

膝蓋骨の外方変位を代表的に以下のような要素が絡んできます。

 (膝蓋骨を90度からさらに屈曲した時にさらに外方に変位します)

 

骨盤の不安定性・左右非対称

股関節不安定性・筋力低下

大腿四頭筋のタイトネス(もも前側の筋の硬さ)

足関節の回内不安定性

踵の外がえし運動の増大

下腿の外旋・外方変位

距骨下での内反変形

前足部での回外変形

 

分かりやすくまとめると骨盤から下に症状を引き起こす要素があります。

 

 

ですが、

その引き起こす要素も結果としてで全身が関わっています。

骨盤や股関節や足関節、脛腓関節の可動域の低下から

アライメントに異常(ニーイントゥアウト、偏平足など)をきたし、

動作中に脚に生じる負荷の分散が上手くできないことから

過剰な負荷にさらされた部分に障害が生じていると考えています。

 

外的因子としては硬いグラウンド、不適切な運動などがあります。

 

 

 

 

 

🔷症状

 

膝のお皿の下に痛みがあります。

お皿を大腿骨に向かって圧迫すると痛みが走ります。

 

 

 

 

🔷治療

 

この症状は、その人の持つ構造的な問題もありますが(膝蓋骨の形状など)、

多くは関節の位置関係の崩れと、負担のかかる不適切な関節運動の繰り返しによる

使いすぎの症状です。

 

 

したがって受傷直後の炎症期では、局所の安静が大事ですので、テーピングなどでの固定も大事になってきます。

 

 

そして

 

ランニングはダメとは言いません(やらない方が良い場合はもちろんそのようにお伝えします)。

ペースを抑え、距離を短くし、ストライドを小さくしてください。

ランニング後には「アイシング」ですね。

 

 

さらに当院では、

局所の安静期から関節の位置関係を整えていくことを行っています。

 

 

今後同じような症状を繰り返さないために

負担のかかる使い方を改める必要がありますが、

その前に使い方を改めるにも

その使い方にブレーキをかけてしまって負担のかかってしまう使い方になってしまっているところを緩めていく必要があります。

 

硬くなった局所に加わるストレスを減少させるということです。

 特に大腿四頭筋が疲労すると筋の緊張が高まり、膝蓋骨の摩擦が強くなるため膝蓋軟骨軟化症が起こりやすくなります。

 

 

 ここで行っておきたい治療は、当院の組織間リリース(癒着剥がし)という技術です。

 


 

くっつきあってしまっているところを剥がして本来あるべきスムーズな動きを引き出していく治療です。

これを行うことにより、ストレッチやマッサージでは得ることができない、良くなった動きの持続を得ることができます。

 根本改善の秘訣はここにあります。

 

 

 

 

 

そして

炎症期が終わったら早速使い方を改めることを行っていくことが大事。

セルフケアのエクササイズが豊富で、

自分でできることを提案しているのも当院の特徴です。

 

今回の症状では

大腿四頭筋や膝蓋骨のストレッチが簡単にできる有効な方法です。

 

 

 

 

あなたの症状を繰り返さない方法は、

「痛みを起こしている症状(痛いところ)に対してではなく、

その原因(全身)に対して、

適切な治療を行なうこと」です。

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

北千住を経由されている方には便利な21時まで受け付けをしております。 

北千住で選ばれ続けている整骨院【千住スポーツケア整骨院】夜9時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休(月末第5週目は休診となることがあります)/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり をおこなっております。/03-5284-8081

≪休診日≫

木曜、日曜

 

7/17(月・祝)は10時~19時までの営業となります。

 

土曜日午前(10時~13時)は完全予約制をなっております。

 

7/30~8/3は休診となります。

 

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。
北千住で選ばれ続けている整骨院【千住スポーツケア整骨院】創業10年。お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

加圧トレーニング&コアトレーニング専門施設

  リアライン・コア 

  トレーニング

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。
北千住 整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜・祝日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。