【膝の内側の痛みの原因と対処法】 北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は

あなたは、膝の内側が痛くてその原因は何なのか?

何かいい対処法は無いかとお探しではありませんか?

 

膝周辺の痛みでも内側の痛みは良く見られる症状ですが、

なかなか痛みが治まらずにお困りの方が多いです。

 

 

このページでは、

膝の内側が痛い時の原因と対処法についてご説明していきます。

 

 

 

 

 

🔷膝の内側が痛い原因

 

・ケガ(外傷)が原因で起こる痛み

 

柔道やラグビーなどのコンタクトスポーツや

サッカーやバスケットボールなど切り返しの多いスポーツ、

転倒や交通事故など膝の内側に外力が加わる事で

筋肉や靭帯、関節の損傷によって起こるものがあります。

 

内側側副靭帯損傷や半月板損傷などがあります。

 

 

・筋肉が原因で起こる痛み

 

筋肉が原因で起こる膝の内側の痛みには、スポーツ障害でよく見られる鵞足炎(がそくえん)という、足を内側に寄せる筋肉の付着部の炎症があります。

 

その他には、内転筋群(足を内側に寄せる筋肉)や内側広筋(ももの前側の内側にあり膝を安定させる筋肉)の疲労や使い過ぎで筋肉が緊張することによって起こるものがあります。

 

 

 

・その他の原因で起こる痛み

 

スポーツ障害でみられるタナ障害(タナ症候群)という、膝の皿と大腿骨(太ももの骨)の間にあるヒダ状の膜(通称「タナ」)が炎症を起こしたもの。

 

膝蓋下脂肪体炎という膝蓋腱(膝蓋靭帯 脚気のテストで叩くところ)の深層にある脂肪の塊が炎症を起こしてしまうもの。

 

変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)によるもの、あとは数は少ないものの、痛風や骨腫瘍で起こるものなどがあります。

 

 

 

 

🔷発生のメカニズム

 

コンタクトによる怪我以外の場合は、ある使い方が原因となっている場合が多いです。

 

 

ある使い方とは?

専門用語でいうと「脛骨外旋外方変位」のことです。

写真のようにしゃがむときなどに、

 

足の指先に対して膝が内側に入ってしまう使い方のことを指します。

 

ももの骨(大腿骨)に対して、

膝下のスネの骨(脛骨)が外側に捻じれてしまって(外旋変位)かつ、

外側に移動してしまっている(外方変位)ということです。

 

外方変位は歳を重ねていき膝が痛くて病院に行くとよく言われるであろう

”変形性膝関節症”の方によく出現する状態です。

 

 

 

 

こんな座り方をされていませんか?

女性によくみられる座り方ですね。

 

はじめは使い方のクセによる外旋(膝下の骨の外側へのねじれ)ですが、

これに気づかずにその癖のまま使い続けることで外方変位へと移行していきます。

 

 

 

長い人生を考えると

この根本的な使い方のクセ改めてくことが大切ですね。

いい関節の位置関係と、その状態で円滑に動いていくということによって

スポーツパフォーマンスやレクリエーション、日常の生活などをよりよくしていけることとなることは間違いなしです。

 

 

 

 

 

 

🔷セルフケアエクササイズ

 

では、このクセを改善していくためのセルフケアエクササイズをご紹介していきます。

 

椅子に足裏が付くように座ります。

膝の真ん中と足の人指し指の位置を一致させます。

 

 

踵の位置はそのままで脛骨を内側に捻ります。

 

 

その際、もも裏の内側の筋肉(内側ハムストリングス)が収縮しているのを感じるように行ってください。

 

上手く筋肉が収縮できない方もいることと思います。

その場合は椅子の脚に踵を当てがい

内側にひねりながら膝を曲げて踵を椅子の脚に押し付けると、

もも裏の内側の筋肉が働くことを感じることでしょう。

 

 

まずはもも裏の内側の筋肉が働く感覚を感じることから始めてください。

この使っている感覚が大事です。

 

次に脛骨を内側にひねりながら膝を曲げて、よりもも裏の収縮を感じましょう。

 

この場合は椅子の脚に踵をあてがわないで行いましょう。

 

 

ここまでは案外できる方も多いことともいます。

 

ここからは自身の身体をうまく使いこなしていく必要があります。

はじめはできない方もいますので、できなくても続けてみてください。

 

脛骨を内側にひねりながら膝を伸ばしていきます。

 

 

膝を伸ばしながらももも裏の内側の収縮を感じながら行います。

 

途中収縮を感じずらくなるでしょう。

そうしたらそこからまた曲げて収縮を感じるところまで戻り、

そしてまた膝を伸ばしていきます。

 

伸ばしながら、もも裏の内側の筋肉を感じれるように繰り返していきます。

 

ここでは膝下の骨(脛骨)が外側に捻られているのを改善していくために、

もも裏の内側の筋肉をしっかりと使えるようにしていくことがポイントです。

 

 

 

 

膝周囲の障害の原因として大きな問題の1つなので、

自由に体を操れるよう積み重ねていくことが大事なエクササイズです。

 

 

 

 

🔷まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

膝の内側が痛いと一言で言っても原因や症状、微妙な場所の違いがあります。

 

 

 

今回ご紹介したセルフケアエクササイズは、多くの方にある膝の典型的なクセを改善していくためのエクササイズです。

 

 あなたの症状を最も早く治す方法は、

「痛みを起こしている症状(痛いところ)に対してではなく、その原因(全身)に対して、適切な治療を行なうこと」。

 

言い換えればこのエクササイズがすべてではないということです。

 

骨盤、股関節、足首、足部など全身が影響をしておりますので、その他のエクササイズも紹介していきますのでお試しください。

ただ、不快な感じがある場合には行わないでください。

こんな場合は信頼できる病院や治療院で診てもらうようにしましょう。

 

 

 

 千住スポーツケア整骨院では、膝の内側の痛みに対して膝をはじめとした関節の位置関係を整え、体のバランスを整えて膝の動きを良くする施術をしています。

 

 

もし、当院で施術を受けてみたいと思われたらぜひご連絡ください。

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

北千住を経由されている方には便利な21時まで受け付けをしております。

≪休診日≫

木曜、日曜

 

土曜日午前(10時~13時)は完全予約制をなっております。

 

 

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。
北千住で選ばれ続けている整骨院【千住スポーツケア整骨院】創業10年。お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

加圧トレーニング&コアトレーニング専門施設

  リアライン・コア 

  トレーニング

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。
北千住 整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。土曜・祝日も夜7時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。