伸筋腱脱臼(ボクサーズナックル)

 

こんにちは!

 

今回は伸筋腱脱臼(ボクサーズナックル)という疾患のお話しです。

 

まず、伸筋腱脱臼とは?と思いの方も多いかと思います。

伸筋腱脱臼とは別名でボクサーズナックルというように、

拳のところで起こる疾患で、伸筋腱の脱臼です。

本来はこの伸筋腱というものは、中手骨頭(拳)の上を通り、

指を曲げ伸ばしする際に腱がズレないように補強する軟部組織があります。

 

画像では、真ん中を通る縦の白いものが伸筋腱です。

そして、それをズレないように補強しているのが軟部組織になります。

 

では、この疾患。

どうして伸筋腱がズレるのか。

それは大きな外力が加わった際(パンチなど)に軟部組織が破れてしまうためです。

 

軟部組織が破れて補強するものがなくなった伸筋腱は

指の曲げ伸ばしなどの際にこのようにズレて(脱臼)しまいます。

また、ズレる際に腱とその下の組織の間で摩擦が起きてしまい、

炎症が起こってしまう可能性もあります。

 

そして、なぜ本日この記事を載せたか。

 

実は私もこの伸筋腱脱臼を起こしています。

私が伸筋腱脱臼になったのも、やはりパンチでした。

相手のアゴにパンチを放った際に受傷しました。

 

※ケンカではではなく、ボクシングです。ご安心ください。笑

 

私の場合は日常生活には問題がない程度ですが、

やはり、指の曲げ伸ばしの際に腱がズレることがあります。

 

参考までにこちらの動画をご覧ください。

※私の手です。

   ↓↓↓↓↓

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    匿名 (土曜日, 03 3月 2018 20:50)

    その後の怪我の容態はいかがでしょうか?

  • #2

    千住スポーツケア整骨院 (月曜日, 05 3月 2018 15:19)

    匿名様

    コメントを頂きありがとうございます。
    ケガをしてからは5年ほど経過しました。
    中指を示指側に傾けながら曲げると今でも腱は動きますが、日常生活でそのように中指を曲げることはなく、意図的に動かした際にも疼痛はない為、日常生活に支障はありません。
    御答えになっておりますでしょうか?
    是非、一症例として参考にしていただければと思います。

 

保険診療のご予約

直接お電話ください。

03-5284-5850なお、保険外診療(整体、運動療法他)ご希望の方もお電話でも受け付けております。

 

保険外診療のご予約

保険外診療(整体や運動療法)の

ご予約はこちらがスムーズです↓

その他ご相談も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください。

 

今月のスケジュール

 

<休診日>

日曜

 

1日、3日、5日は休診とさせていただきます。

 

土曜日の診療につきましては、完全予約制とさせていただきます。

  

2日(水)の営業時間は15:00~20:00とさせていただきます。

 

 

4日(金・祝)の営業時間は14:00~19:00とさせていただきます。

 

当院掲載の口コミサイト

北千住で選ばれ続けている整骨院【千住スポーツケア整骨院】創業10年。お問合せは03-5284-8081まで。22時まで診療。土曜日も19時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。日定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

Facebook

 

当院併設の運動施設

R&Fカラダプラス 加圧トレーニング&コアトレーニング専門施設 足立区北千住駅より徒歩2分
パーソナルトレーニング専門施設

当院の施術方法 

 今月のピックアップ

  リアライン・コア 

  トレーニング

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。22時まで診療。土曜日も19時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。日定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法です。

詳しくはコチラ