【ブログ】

2018年

12月

06日

【症例紹介 足趾MP関節脱臼】~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

こんにちは!

 

以前は少しづつ記事として書くことはありましたが、

改めて外傷についてブログの中でも紹介していきたいと思います。

 

今回は一番直近にあった外傷の『足趾MP関節脱臼』についてご紹介していきます。

 

 

足部には26個(種子骨を含むと28個)の骨があり、

その骨が連結することで構成されます。

 

今回ご紹介するMP関節は、

中足骨という足の甲の骨と、基節骨という足趾の付け根の骨の関節部分です。

 

 

このMP関節ですが、第1趾の底側には種子骨という

小さな骨が2つあることが特徴です。

 

さて、ではここから脱臼についてご紹介していきます。

まずは一般的な病態を説明していきます。

 

MP関節脱臼は、足趾を背屈強制された際に起ることが多く、

特に第1趾に多く起こります

 

背屈強制による脱臼は背側脱臼となり、

中枢側の骨(中足骨)に対して、末梢側の骨(基節骨)が背側に脱臼します。

背側に脱臼した際に、屈筋腱(底側にある足趾を曲げる腱)が

末節骨を引っ張るため、Z字変形という特異な変形を起こします。

 

 

整復ですが、引っ張るだけで整復される場合もありますが

原則として引っ張ってはいけません

特に第1趾については種子骨が関節に介入している可能性があるため

いくら引っ張っても整復がされないことがあります

 

基本的な整復動作としては、末節骨を中節骨に押し当て(赤➡)

圧を加えたまま屈曲(緑➡)していき、同時に末節骨底を押し込みます(青➡)。

 

仮に種子骨の介入があったとしても、関節面同士を押し当てた状態で

屈曲をしていくので種子骨を押し出すことができます。

※場合によっては整復困難な時もあります

 

 

固定は生活レベルにもよりますが、基本は3週間ほど行います。

原則として脱臼を起こした肢位にならないように固定をする必要があるため

アルフェンスなどを用いて足趾が背屈しないように固定をします。

 

 

 

ここまで一般的なMP関節脱臼をご紹介していきましたが、

つい先日に受傷された患者様の症例を報告していきたいと思います。

 

今回の受傷機転としては、柔道中に相手が投げ技に入る際に

右の第5趾を蹴られて受傷しました。

 

症状

・受傷後すぐに来院していただいたため、著明な腫脹はなし

安静時の疼痛

 ⇒脱臼の固有症状の断続的脱臼痛です。

・軽く触れる程度でも圧痛

・健側と比べ、患側のMP関節背側に凸した基節骨底を触れる

他動屈曲に抵抗感を感じ、手を離すと屈曲前の状態に戻った

 脱臼の固有症状の弾発性固定です。

 

以上のことからMP関節の背側脱臼を疑い、整復に移りました。

 

整復時の前と後の写真はありませんが、MP関節背側の凸がなくなり

安静時の痛みもなくなりました

 

脱臼は関節がハマったとはいえ、その周囲の組織の損傷があり

骨組織の損傷も合併している可能性があるため固定をし、

整形外科医院へ送りました。

 

その後、レントゲンの結果は骨損傷は認められませんでしたが、

周辺組織の損傷により患部周囲に皮下出血が認められました。

 

固定はアルフェンスは使用しておりませんが、

第5趾が触れると痛みがあるため、第4指とテーピングで固定し

プライトンで保護しながらの包帯固定でした。

 

 

 

現在(受傷後約2週)は皮下出血が消え、走り回っているとのことで

プライトンは外し、テーピングと包帯のみの固定となっており、通院中です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

あまり重要性の高そうな部位ではありませんが、

脱臼は周りの組織も損傷があるため、

慎重に治療を進めていく必要があります。

 

お困りの方は是非、千住スポーツケア整骨院へ!

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

11月

17日

【産後の骨盤と矯正】~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

こんにちは!

 

随分前に、このブログでも書かせていただきましたが、

改めて産後の骨盤についてお話をしていこうと思います。

 

 

まずは、骨盤の基本構造から。

 

骨盤は左右の寛骨(腸骨、恥骨、坐骨が癒合)と

真ん中の仙骨の3つの骨により構成され、

寛骨と仙骨のを繋ぐ関節が仙腸関節寛骨同士を繋ぐ関節が恥骨結合と言います。

 

 

骨盤(特に仙腸関節)は上半身の重さを受け止めるだけでなく、

地面からの反力も受ける関節のため、強固な関節となっています。

しかしその反面、その関節に歪みが起こるとぎっくり腰などの症状だけでなく

仙骨の上に連なっている腰椎が歪み、脊柱に問題を及ぼす可能性が出てきます。

 

さて、では妊娠から産後にかけての骨盤についてです。

女性の身体は、着床後から少しずつ出産に向けての準備が始まります。

大きく変わるのはホルモンバランスです。

その中でもリラキシンというホルモンのバランスが骨盤には大きく関わってきます。

 

リラキシンは妊娠3カ月くらいから妊娠の末期にわたり多く分泌されます。

このリラキシンは、関節やそれを補う靭帯を緩める作用があり

出産時の産道を開かせるために必要なホルモンになります。

 

では、リラキシンは腰痛とどのように関係してくるのでしょうか?

 

先程も述べましたが、仙腸関節は体重を支える大切な部分の関節です。

この関節の安定性が低下してしまうと、

骨盤は身体を支えることができなくなってしまいます。

その為、仙腸関節の安定性が低下すると

仙腸関節をまたいでいる筋(特に多裂筋)が防御的に収縮し、

仙腸関節を安定させようとします。

本来の筋活動量以上の活動が必要となってくるため

筋疲労が腰痛の原因になってしまいます。

 

また、産後の骨盤は通常の仙腸関節性の腰痛とは少し違いがあります。

それは歪み方です。

通常の仙腸関節性の歪みや不安定性は、

主に大腿部の外側の緊張から起こるものが多いです。

 

例えば駅で電車を待っているとき。

どちらかの脚に体重を乗せて立つことが多いかと思います。

もちろん片方だけでは疲れてしまうので交互に体重は掛けますが、

普段のクセとして体重を掛けやすい方、掛けにくい方があります。

 

このクセによって負担がかかっている方の脚の大腿外側は

反対側と比べ働く時間が長いため、左右差が出てきてしまいます

 

 

上の図で説明すると、大腿の外側が緊張することで

赤の矢印の方向にストレスがかかり、黄色の矢印のように寛骨が動きます。

その結果、仙腸関節の上部である青○が開き不安定性を生んでしまいます。

 

 

 

また、体重がかかることが多い方の寛骨は後傾少ない方は寛骨が前傾します。

後傾側は関節周囲の靭帯が緊張するため締まりの位置(close-packed-position)、

前傾側は逆に靭帯が緩むため緩みの位置(loose-packed-position)となり

ここでも歪みによる左右差が生じます。

 

 

では、次に産後の骨盤の歪み方です。

産後の骨盤は出産時に産道を開かせるために、骨盤の関節が全体的に緩みますが、

特に骨盤の下部が開きます

合わせて、骨盤の下部にあり安定をさせるための骨盤底筋も

緩んだ状態になるため、下の図のように一般的な歪みとは違った歪み方をします。

 

 

 

上の図では前述の通り、産道確保のため黄色の矢印のように

骨盤の下部が開きます。

その為、仙腸関節や恥骨結合が全体的に緩みますが、

特に青○の仙腸関節下部が開き不安定になります。

 

ここまで、産後の腰痛と骨盤の歪みについてお話してきましたが、

大きな理由として、もう一つあります。

 

それは、妊娠中の姿勢に関係があります。

妊娠中のお腹は胎児や羊水など合わせて最大で約5kgもあります。

 

例え方が違うかもしれませんが、

皆さんが約5kgのウエストポーチをつけて生活した場合はどうなるでしょう。

間違いなく重さに引っ張られ腰が反ってしまいます

 

妊婦さんは出産まで、その重さがお腹にかかり続けるため

元々前弯している腰の骨(腰椎)に

更に前弯させるストレスがかかり続け、痛みとして出てきます

 

 

では、産後の骨盤を整えるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

非常に重要な事として「整える」、そして「筋の再学習」です。

 

まず、1つ目に重要なのは「整える」ことです。・

骨盤がホルモンの関係で緩くなってしまうこともありますが、

少なからず筋のアンバランスによる歪みでの痛みもあります。

まずは、そのアンバランスを解消することで骨盤を不安定にする因子を

取り除いていく必要があります。

 

また、先に整えることにも理由があります。

産後の腰痛に対してのリハビリで『骨盤底筋群を鍛える』というのを

よく耳にしますが、この骨盤底筋は下の画像のように付着します。

 

 

整える上で重要なポイントは『仙骨』です。

仙骨は骨盤の歪みや、お尻の大きな筋肉である大殿筋の

筋活動の左右差により右や左に傾いたりします

 

その状態で骨盤底筋群を鍛えると

しっかりと筋収縮が出る側と、引き伸ばされて筋収縮が満足にできない側に

別れてしまいます

 

筋肉は縮みすぎても伸ばされていても本来の筋力を発揮できないため、

結果として、鍛えていても不安定性を助長してしまいます。

 

その為、まずは寛骨の左右差だけでなく骨盤全体をしっかりと整えた上で

骨盤底筋を鍛えることが、産後の腰痛改善の近道です。

 

また、赤ちゃんを抱っこする姿勢は胸郭の歪みを生んでしまい

首や肩の痛みに繋がる可能性もあるため、胸郭のケアもしっかりと行いたいです。

 

 

当院では、新たに産後の骨盤矯正のメニューを作りました。

 

施術のベースとしては、筋膜の癒着剥がしで骨盤を整え

身体に負担のかかりにくい状態にします。

 

その上でさらに「リアラインコア」や「ひめトレ」といったツールを用います。

 

 

この3つを組み合わせることで、

骨盤が整った状態を維持しながら筋肉の再教育を行い

産後でも負担のない身体を目指していきます

 

こちらのメニューは13時~16時までの時間限定、

45分程度の施術を5回の回数券でのメニューとなり、

料金は29250円(税別)となります。

 

バウンサーやおもちゃなどもご利用いただけるため、

お子様もご一緒に来院できます。

 

ご興味のある方、質問等ある方は

お気軽にお問い合わせください。

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

9月

24日

ローテーターカフとは?~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

皆さんは「ローテーターカフ」はご存知でしょうか?

 

肩の痛みなどで気になった際に調べるとほとんどの記事で登場します。

 

今回はその「ローテーターカフ」について書いていこうと思います。

 

 

まず、ローテーターカフとは日本語では「回旋筋腱板」ともいい、

肩甲骨から上腕骨に付着する以下の4つの筋肉を指します。

 

棘上筋

棘下筋

小円筋

肩甲下筋

  

 

クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより

このローテーターカフの役割を理解するには、

まず肩関節について触れる必要があります。

 

肩関節は上腕骨の上腕骨頭と肩甲骨の関節窩によって構成されます。

この肩関節の大きな特徴が可動性が高いことです。

肩関節は他の関節と比べ、骨頭に対して受け皿となる関節窩が

とても小さいため骨頭が自由に動けること、強靭な靭帯組織がないことから

高い可動性が出ます。

しかし、反対に不安定性や脱臼をしてしまうリスクも非常に高くなります。

 

股関節も似たような形状ですが、身体の土台で体重を支える関節の一部だけあって

周囲の靭帯組織はかなり強靭で、中には人体で一番強靭な靭帯と言われている靭帯も

股関節にある靭帯です。(腸骨大腿靭帯)

 

さて、肩関節に話を戻しましょう。

肩関節は骨頭に対して大きさの足りない関節窩の周りを軟骨で補っています

この軟骨を関節唇と言います。

 

関節唇があるため、関節窩の受け皿としての機能は上がりますが、

関節唇の存在を踏まえた上でも肩関節の骨頭と関節窩の比率は

約3:1で骨頭の方が大きく、前述の通り可動性は高いですが

肩関節の不安定性や脱臼のリスクは高いです。

 

 

クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより

 

ここで登場するのがローテーターカフ。

ローテーターカフは肩の安定性を高めるために働いてくれます。

一つ一つの筋肉の出力は大きくはありませんが、

立位での上肢の重みに対して、投球動作などの上腕骨頭と

関節窩が引き離されるストレスに対して働いてくれるなど

 

 

肩関節の中で担う役割はとても大きいです。

赤がローテーターカフの収縮方向 黄が投球による引き抜きストレス
赤がローテーターカフの収縮方向 黄が投球による引き抜きストレス

 

では、ローテーターカフのそれぞれの役割を紹介していきましょう。

 

棘上筋

起始:肩甲骨棘上窩

停止:上腕骨大結節

作用:上肢の外転

走行:上腕骨頭の上方を走行し大結節に付着

 

棘下筋

起始:肩甲骨棘下窩

停止:上腕骨大結節

作用:上肢の外旋

走行:上腕骨頭の後方を走行し大結節に付着

 

小円筋

起始:肩甲骨外側縁

停止:上腕骨大結節

作用:上肢の外旋

走行:上腕骨頭の後下方を走行し大結節に付着

 

肩甲下筋

起始;肩甲骨肩甲下窩

停止:上腕骨小結節

作用:上肢の内旋

走行:上腕骨頭の前方を走行し小結節に付着

 

上記の4つの中で特に注目してほしいの走行です。

各筋は上腕骨頭を覆うように走行しています。

その結果、肩の安定性をもたらすだけでなく、

広い可動域を出すことができるようになっています。

 

しかし、このローテーターカフの正しい筋活動ができなくなると

肩関節の運動の際にアウター(三角筋など)が過剰に反応してしまい

四十肩やインピンジメント症候群、野球肩に繋がってしまいます。

その後、肩の挙げ方に痛みに対する逃避行動(運動パターンの破綻)が起き

症状が長引くこともしばしばあります。

※インピンジメント症候群に関してはコチラ

 

ローテーターカフは正しい位置で正しい筋活動ができることが重要ですね!

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

9月

14日

【症例】正座での膝内側の痛み~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

こんにちは。

 

今回は階段の上り下りや、正座をした際に

『膝の内側が痛い』という症状を訴え来院された患者様の症例報告です。

 

 

初診時の検査では、以下のような状態でした。

・患側寛骨後傾位

・開排にて患側に張り感

・健側<患側の下腿内旋位

・片足スクワットによるニーイン

・鵞足に圧痛

・ランニング時、階段昇降時の鵞足への疼痛

・しゃがんだ時の膝の漠然とした痛み

 ※鵞足の説明と鵞足炎についてはコチラ

 

 

その為、最初は骨盤を整える他に、薄筋と縫工筋の癒着を剥がす施術で

鵞足への負担を減らす施術を行いました。

 

 

クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより

 

2回目来院時には膝窩で下腿の内旋を制限する組織の癒着を剥がしましたが、

膝内側の痛みが残存していたため、内側側副靱帯と鵞足の癒着を剥がしたところ

疼痛が消失しました。

 

しかし、3回目以降の来院時に正座をした際に大腿の内側が痛いとの訴えがありました。

内側広筋を緩めたところ痛みが消失しましたが、

次の来院時には痛みが再現しておりました。

 

そこで1フィンガーテスト(1本の指で痛い箇所を指さしてもらう)を行ったところ

内側広筋上にコリコリとした組織を触れたため癒着を剥がしたところ

痛みが消失しました。

 

痛みの正体は「伏在神経」でした。

 

伏在神経は大腿神経の分枝で、大内転筋の腱膜が形成する内転筋管を通ります。

内転筋管を出た後はそのまま下腿内側へ伏在神経は下降しますが(内側下腿皮枝)

一部は膝蓋骨の内下方へ枝を伸ばします(膝蓋下枝)。

 

下の右の図では17番の神経が内側下腿皮枝、18番が膝蓋皮枝です。

 

 

クリニカルマッサージより 内転筋管
クリニカルマッサージより 内転筋管
カラーアトラスより
カラーアトラスより

 

伏在神経は内側広筋と縫工筋の間を走行しますが、

癒着や絞扼を起こすことで、大腿内側や下腿内側の感覚異常を来します

 

 

今回の場合は伏在神経が内側広筋と癒着を起こすことで

正座で内側広筋が伸ばされた際に伏在神経も引っ張られ痛みを出してました。

 

伏在神経自体は触ってみたところ、直径1~2mmほどの神経組織のため

筋の硬結と間違えてしまう場合もあるかもしれませんが、

しっかり触れていくとコリコリとした組織で、硬結とは間違う感触でした。

 

今回の施術ではこの伏在神経の癒着を後方へ剥がしていくことで

癒着による制限はもちろんのこと、元の神経の走行へ導いたため

膝を屈曲した際にも負担がなくなりました

 

ランナーの方で膝内側の筋肉にハリ感を覚えていらっしゃる方も

この伏在神経の癒着が絡んでいることも多々あります。

 

同じようなお悩みをお持ちの方は是非!

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

9月

13日

ランニング時の腰痛の一症例~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

ランニング時の腰痛をお持ちの方もたくさんいることと思います。

様々な原因がありますが今回取り上げるのは、

長い距離を走っていると背中の下の方(腰部)に張り痛みが出てくるという症状についてです。

 

 

 

 

◇患者様データ

年齢:30歳男性

走歴:ランニング歴10年

頻度:週に4日ほど5km~10kmほど走る

Job:デスクワーク

 

 

 

 

 

 

 

◇症状

 

 

主訴

 

長い距離を走っていると右の腰部に張り感と痛みが出現する

 

 

 

 ◇マルアライメント

『骨盤の静的アライメント』としては、

 左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)

 

『胸郭の静的アライメント』

右肋骨下制

 

 

 

『骨盤の動作アライメント』としては、

前屈時に左寛骨前傾制限

 →開脚での前屈では左右差は変わらず

  踵を上げて(膝の屈曲して)の前屈により左右差解消

後屈時にASIS間狭小

 →股関節外旋位での後屈で狭小なし

 

『胸郭の動作アライメント』

体幹伸展時に右側に傾く

 →右肋骨の皮膚を上方へ誘導すると減少

◇原因因子

 

 

 

◇マルユース

うつ伏せでのRSLRにて右大腿部伸展時に同側の腰部の収縮が左に比べて先に働く

 

 

本来ならば右の写真のように対側に伝達されます。

 

 

しかし今回の症状は右大腿を伸展するときには同側である右腰部に伝達され、左伸展時にも右腰部に伝達されていました。

 

これによりランニング時の右脚で後方に蹴る時に腰の反り感が強く出てしまうことで腰部の過剰収縮が起こっていただだと推察しました。

 

 

 

 

◇治療

リアライン(緩めて整える)

 

・左右大殿筋の下縁を上方にめくる

・右腰方形筋リリース

 

ここでは組織間リリースという手法を行います。 

 

これにより、

 『骨盤の静的アライメント』として、左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)がリリースにより解消し左右差ない骨盤となりました。

 

この時点で右脚を伸展しても痛みはなくなり、右脚伸展時の同側収縮も対側(左腰部)に収縮するようになりました。

 

 

 

スタビライズ(安定させる)

 

・うつ伏せでのダイアゴナルリフト(右脚の伸展と左腕の屈曲を同時に行います)

 

 

 これにより、右脚を後ろに蹴る動作時に左腰部に伝達されることができるようになります。

 

 

 

 

最後に整った骨盤の維持のために

左右のお尻のストレッチとお尻と背中のトレーニング(ダイアゴナルリフト)を

継続していくよう指導して終了としました。

 

 

 

 

 

 

骨盤を整えていくには様々な手法があります。

 

当院では骨盤を外力で整えることはなく、

 

骨盤をゆがませてしまう箇所(原因)を精査して、

 

そこを組織間リリースで

 

本来ある筋肉の動きを引き出していき整えていきます。

 

それによりより

 

その後に行っていただくストレッチがより有効になり

 

状態の維持のお手伝いをしていくれます。

 

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

 

 

2018年

9月

05日

くしゃみをすると腰に響く(腰痛)について症例報告~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

くしゃみをすると腰が痛い(腰痛・仙腸関節痛)~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~千住スポーツケア整骨院
くしゃみをすると腰が痛い(腰痛・仙腸関節痛)~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~千住スポーツケア整骨院

 

 

 

ロードバイクに乗られて転倒してしまった際に起きた

くしゃみをすると腰に響くような痛みのある症状についての症例報告です。

 

ロードバイクに乗っていて右側に転倒。

あまりスピードはだしていなかったということでしたが腰に痛みがあり整形外科受診。

骨には異常がないということで様子を見ることにしたが、くしゃみをすると腰に響く痛みがあり心配になって当院に来院されました。

 

 

◇症状

右腸骨から大腿部にかけて血腫があり、圧痛は著明。

介達痛はないことから骨に対する問題はなし。

 

動作痛として歩行時や前にかがむことで痛み(写真赤丸のところ)があります。

 

 

◇『骨盤の静的アライメント』としては、

 

左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)

 

 

◇『骨盤の動作アライメント』としては、

前屈時に左寛骨前傾制限

 →開脚での前屈では左右差なし

後屈時にASIS間狭小

 →股関節外旋位での後屈で狭小なし

 

 

◇疼痛抑制テストとして、

骨盤の歪みを徒手で左右差なしに整えてくしゃみをしてもらうと痛みはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

◇原因因子

上記のことから骨盤が歪んでいたために左の仙腸関節(赤丸)に痛みが発生していたと推測。

 

 

 

 

 

 

◇治療

リアライン(緩めて整える)

 

・左大殿筋めくり

・左股関節外側リリース(大腿筋膜張筋/中殿筋/小殿筋)

 

ここでは組織間リリースという手法を行います。 

 

これにより、

 『骨盤の静的アライメント』として、左寛骨後傾、仙骨右傾斜(写真矢印)がリリースにより解消し左右差ない骨盤となりました。

 

この時点でくしゃみによる痛みは大きく軽減しました。

 

 

 

スタビライズ(安定させる)

 

・ヒップリフト(股関節外転外旋位)

 

 

 

これによりくしゃみの痛みは消失しました。

 

 

 

 

最後に整った骨盤の維持のために

左のお尻のストレッチとお尻のトレーニングを

継続していくよう指導して終了としました。

 

 

 

 

 

 

骨盤を整えていくには様々な手法があります。

 

当院では骨盤を外力で整えることはなく、

 

骨盤をゆがませてしまう箇所(原因)を精査して、

 

そこを組織間リリースで

 

本来ある筋肉の動きを引き出していき整えていきます。

 

それによりより

 

その後に行っていただくストレッチがより有効になり

 

状態の維持のお手伝いをしていくれます。

 

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

2018年

8月

30日

肩峰下インピンジメント~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

肩峰下インピンジメントはご存知ですか?

 

名前の通り肩の障害です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、

実は肩峰下インピンジメントによって肩の痛みを訴える方は多いです。

 

今回はそんな肩峰下インピンジメントについて説明していきます。

 

 

そもそも「肩峰下インピンジメント」という

言葉の意味自体が分からない方が多いかと思いますので、

まずはそちらの説明から。

 

肩峰下インピンジメントとは肩甲骨の一部である肩峰と、

その下にある上腕骨頭がインピンジメント(衝突)を起こす症状です。

この衝突によって肩峰と上腕骨頭の間を通る棘上筋や 

肩峰の下に存在する肩峰下滑液包が挟まれます

 

クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより

 

本来の肩関節の運動は、上肢が外転していくのに対し、

それに合わせて上腕骨頭が下方に落ち込む動きをします。

 

しかし、インピンジメント症候群の場合では、この下方への落ち込みが

何らかの影響で阻害され衝突を起こしてしまいます。

 

 

 

『インピンジメントが起こってしまう要因』

 

・肩関節の後方の筋のタイトネス

肩関節にはの周囲にはたくさんの筋肉が存在します。

中でもインピンジメントを起こしてしまう要因として後方タイトネスが挙げられます。

後方がタイトネスになってしまうと上腕骨頭が前方に押し出され、

正しい関節の位置関係から逸脱してしまいます。

肩峰下インピンジメントの他にも

上腕骨頭が前方移動していることで肩関節の屈曲動作の際に、

第二肩関節(烏口肩峰靭帯)との摩擦ストレスも増えていきます

また、上腕骨頭が前方に移動することで上腕二頭筋腱が本来の走行から

遠回りをするような形になるので、結果的に痛みを出す場合もあります。

 

 

 

・筋の異常運動、変位

肩関節は先ほども述べたように、可動性が大きいため、細かな筋が密接しています。

それぞれ別の働きがある筋ですが、その筋同士が癒着を起こすことで

正しい筋活動をすることができなくなってしまいます

それによって必要以上に働く筋や、働きが弱くなる筋が出てきて

関節運動に障害を来します。

先程あげた、後方タイトネスも三角筋後部線維が小円筋や上腕三頭筋といった

筋と癒着を起こすことで起こってきます。

他にもインナーマッスルと言われる筋も関係してきます。

棘上筋は骨頭の上方で癒着を起こすため、肩を外転しようとする際に

骨頭を上方へ引き上げてしまいます。

小円筋、肩甲下筋は外転位では骨頭の前方と後方に位置しますが

癒着によって下方に変位している場合、骨頭が下方へ移動しようとしても

小円筋、肩甲下筋が介在するため下方へ移動できなくなります

 

 

クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより
クリニカルマッサージより

 

・運動パターンの破綻

肩関節は、股関節のように強靭な人体組織が少なく、可動性が大きいため

様々な組織を損傷するリスクが高くなります。

その損傷により肩を動かす際に痛みに対する逃避行動が入ります。

しかし、その逃避行動がインピンジメントを招く要因の一つでもあります。

肩は外転をしていく際に0度(体側)から60度までは棘上筋がメインで働き、

その後三角筋がメインになり外転をしていくというメカニズムになっています。

しかし、痛みがある場合の逃避動作では三角筋が最初から強く働ため

インピンジメントが起こります

【痛みアリ⇒逃避動作⇒三角筋の収縮⇒インピンジメント⇒痛み】

というような負の連鎖に入り、元々の運動パターンを身体が忘れていってしまいます。

これが運動パターンの破綻です。

 

 

 

・他関節の関節運動不全

肩関節を動かす際には、肩関節単体ではなく、

同時に複数の関節が動きます

肩甲上腕リズムも肩甲胸郭関節が動く上で成り立ってきます。

他にも肋骨と鎖骨の内端が関節する胸鎖関節も動いてきます。

この肩関節以外の関節の運動が阻害されてしまえば、肩関節への負担も大きくなり、

正常な動きが難しくなってきます

 

 

 

この様にインピンジメント症候群を起こす原因として代表的なものを

いくつか挙げていきました。

 

では、インピンジメント症候群はどのように改善させるのでしょうか?

 

まずは肩周囲の筋肉の癒着を剥がし

正しい関節運動が行える状態を作ることが重要です。

いくら筋を緩ませたとても、癒着が起こっている場合は他の筋の収縮に引っ張られ

本来使わないところで筋活動が行われてしまいます

もちろん、筋を緩ませることも重要ですが、癒着を剥がすことが優先的でしょう。

 

そして、癒着が剥がれたら次に行うべきなのはリハビリです。

痛みによって破綻してしまった運動パターンを変えないことには

癒着が剥がれていたとしてもインピンジメントが起こり痛みが再現します。

肩の上げ方を再学習させるのはもちろんのこと、

普段の生活でも三角筋が腕の重さに対して反応して、緊張状態が続くため、

ポケットに手を入れるなど腕の重みを逃がすなどの指導も必要です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

文章ではさらっと書いてありますが、実際はリハビリを含めると

完治までは時間がかかる場合もあります。

少し痛いなぁと思いましたら、早めの受診をオススメします!

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

 

2018年

8月

22日

腰痛の評価とアプローチ~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

【腰痛評価とアプローチ】その① 解剖学

 

簡単で、分かりやすく、効果的な腰痛評価とアプローチを紹介していきます。

 

 

腰痛を改善するための簡単にできることをお伝えしていきます。

まず最低限知っていほしい解剖学からです。

 

馬場大輔の【エールを送れ!】

 

 

 

【骨盤とは】

 

 

 

・左右の寛骨と仙骨、尾骨の4つの骨で構成されています。

 

・寛骨は坐骨、恥骨、腸骨から構成されている。

 

・坐骨、恥骨、腸骨は高校生くらいで骨と骨が癒合し寛骨となる。

 

・骨盤は腸骨と仙骨をつなぐ左右の仙腸関節と、左右の恥骨をつなぐ恥骨結合の3つの関節で構成されている。

 

・左右の寛骨と仙骨をつなぐ左右の仙腸関節と恥骨結合で構成されるものを骨盤輪という。

 

・骨盤に股関節を含めて骨盤帯という。

 

 

 

 

 

 

 

【もう少し詳しく】

 

 

 

・座るときに床に当たるのが坐骨。

 

・骨盤の中でもっとも前に位置しているのが恥骨で、おへその下を指で下方に探っていくと当たるのが恥骨結合。

 

・腰骨という骨盤の前方にある出っ張っている骨を上前腸骨棘といい、骨盤のゆがみの判定に使う。

 

・その左右の上前腸骨棘と恥骨結合の3点で構成される三角形の面を立っているときは床に対して垂直、仰向けのときは平行となっているポジション(姿勢)をニュートラルポジションといい、そのポジションは体に無駄な力を必要としないいい姿勢の大事なポイントである。

 

 

 

 

 

【骨盤の役割】

 

 

 

骨盤は人間の体の中で最も大きい骨である大腿骨と体を支える背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な役割を果たしています。

 

また、骨盤は生殖器や内臓を守る役目も果たしています。

腰痛評価とアプローチその② 機能

 

 

 

 

骨盤の機能には3つの大きなポイントがあります。

 

 

 

・可動性

 

・安定性

 

・対称性

 

 

 

です。

 

 

 

【人の進化の過程(ちょっと余計な話)】をみていくと

 

海の時代の古代魚の時には脊柱から尾びれをクネクネさせ前進、胸びれと腹びれで方向を操作をしていた。

 

長い進化の過程で魚が陸上に上がるときには、胸びれは肩甲骨に進化しやがて上肢へとなっていった。腹びれは寛骨をへと進化し、重力に対して安定させるために姿勢に応じて形状が決まっていった。前回の骨盤の絵は人が直立で立っているのに必要な形状なのである。

 

 

 

なので寛骨は進化の過程で見ていくと下肢からの進化となり、強固な関節(仙腸関節と恥骨結合)ではあるか、~1.5mm程度の可動性を有する。

 

 

 

 

 

 

 

骨盤の安定性には、閉鎖位閉鎖力がある。

 

 

 

閉鎖位 - 骨・靭帯による構造的な安定性

 

閉鎖力 - 筋活動による安定性

 

 

 

※閉鎖力についてはまた後で説明していきます。

 

馬場大輔の【エールを送れ!】

 

 

①安定性の肢位(仙骨の前傾位はCPP(クローズ・パックド・ポジション)

 

 

寛骨後傾・仙骨前傾

 

靭帯が緊張し骨盤全体が安定した肢位である

 

 

②可動性の肢位(RPP(ルーズ・パックド・ポジション)

 

寛骨前傾・仙骨後傾

 

靭帯が緩んだ状態で骨盤全体が緩んだ肢位である

 

 

 

 

【対称性】

 

 

骨盤が対称性を保っていればいるほど、関節にかかる力が均等になり、力が均等に分配されることで、腰椎や仙腸関節、股関節などの関節にかかる負担が少なくなる。

 

そのため骨盤の対称性を改善することは、姿勢の改善だけでなく、痛みの改善にも重要な要素となります。

 

 

 

 

【腰痛評価とアプローチ】その③ 典型的なゆがみのパターン

 

 

 

 

 

馬場大輔の【エールを送れ!】

 

 

 

 

 

 

①は左寛骨後傾・右寛骨前傾で

 

仙骨は左に傾斜(尾骨が右に移動)しています。

 

 

 

②は左寛骨前傾・右寛骨後傾で

 

仙骨は右に傾斜(尾骨が左に移動)しています。

 

この典型的なゆがみのパターンは言うなれば健康的なゆがみのパターンともいえます。

 

 

 

複雑化してくると

 

「右寛骨後傾-左寛骨前傾」+仙骨正中位または左傾斜(本来なら右傾斜だが)

 

 

 

いろいろなパターンが出てきます。

 

ここでは複雑なパターンではなく基礎的なところで話を進めていきますね。

 

 

 

①のパターンは、

 

左が安定性の肢位、右が可動性の肢位です。

 

②はその逆です。

 

分かりやすく言うと①は左脚で②は右脚で片脚立ちしているということです。

 

ランニングですとこれが交互に①⇔②と繰り返されます。

 

 

 

歪みというのは、

 

長い時間同じ姿勢でいることで、その姿勢で筋肉や靭帯は長さを覚え(伸ばされていたり、縮められていたり)、元の状態に戻りづらくなり、骨もそれにともlなって変形してきます。

 

 

 

①も②も片脚立ちの状態です。

 

私たちは何気なく片方の脚に体重をかけています。

さて、ご自身のクセを確認してみてください。

 

どちらに体重をかけている習慣があるでしょうか?

 

その無意識の習慣の積み重ねが、一時的なゆがみが、

骨が変形していく歪みとなっていくのです。

 

 

 

どちらの脚に体重をかけている習慣があるのかを知り、それを変えていくことだけでも骨盤の歪みの解消につながりますので、頭に入れておいてくださいね。

 

骨盤安定エクササイズ】

 

 

「骨盤が安定する」とは、

 

「骨盤がしまる」

とも言います。

 

 

 

 そのキーとなるのは、

「大殿筋上部孅維」

です。

 

 

 

 

大殿筋はお尻の筋肉で、お尻を引き上げる筋肉です。

 

今回キーとなる「大殿筋上部線維」

お尻を引き上げるには特に重要です。

 

そしてお尻を引き上げるだけでなく、

カラダのカナメである骨盤を安定させてくれる働きがあります。

 

 

それではエクササイズを紹介します。

 

 

 ①

仰向けに寝ます。

脚を最大に開いて、膝は90度より近づけます。

つま先を上げて踵で体を支えます。

頭は両手で支えて持ち上げます。

 

これがスタートポジションです。

 

 

お尻を踵で床を押し、

両膝を開きながら持ち上げます。

この際頭ははじめの位置から変わらないように両手で支えておきます。

お尻の外側に筋肉の収縮感を感じやすいです。

この動作を繰り返します。

腰を反らないで行うことがポイントです。

 

 

 

 

このエクササイズは骨盤を安定させる働きがあるとお伝えしましたが、

それには左右の骨盤の位置関係がそろっていることが大前提となります。

 

 

左右の骨盤(寛骨)が左右差がなくて

骨盤が開いてしまっている方に有効なエクササイズです。

 

骨盤が開いているというのは専門的な言葉で表すと

両上後腸骨棘間が10cm以上離れてしまっていることを指します。 

 

自分で確かめるのは難しいところです。

 

 

 

 

 

 

開いてしまっている骨盤は不安定な状態となり、腰痛の原因ともなります。

症状についてはこちらで紹介しておりますのでご覧になってください。

 

骨盤(寛骨)の左右差がないことを前提で行っていただければ、

お尻の筋肉は上がり、骨盤が締まってきますのでより引き締まったお尻を作ることができます。

 

骨盤の左右差をなくすために自分自身でできることとしては、

ストレッチポールを使って骨盤へのアプローチをしていただけるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

2018年

8月

17日

テーピング効果で足首を整えてくれるソックス(靴下)、リアラインソックス~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

フットサル日本代表の杉山選手が調整にいらっしゃいました。

今週末は府中で試合があります。

応援よろしくお願いします!

 

 

パフォーマンスアップのために当院で扱っている「リアラインソックス」を使っていただくことにしました。

 

足首を安定させるてだけではなく、関節の動きも向上する靴下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪リアラインソックス≫とは?

 

テーピング効果として足首を安定させるだけでなく、

関節の位置関係のある程度調えることができてしまいます。

関節の位置関係が整うと関節可動域も向上します。

背屈可動域ガ向上する(足首を深く曲げられる)ソックス(靴下)です。

 

 

 

数ミリ足首が曲がることで、

 

届かなかったボールに届く(テニスやバドミントン、バーレーボールなど)、

 

届かなかった相手にパンチが当たる(ボクシング)、

 

傾斜のあるところでスイングができる(ゴルフ)、

 

傾斜のあるコースでしっかりと踏み込める(トレイルランニング)。

 

 

 

ぎりぎりの戦いをしているからこそ必要な、

 

数ミリ数センチの動きを引き出すことができるソックスです。

 

 

絶賛販売中デス。

 

 

興味ある方はお声がけください^^

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

2018年

8月

14日

安定して動きやすい足首のサポートにお勧めのリアラインソックスの感想報告~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

所属している日本健康予防医学会のJoint Health Seminarに参加してきました。

この日は足関節でした。

 

 

 

前半は講義。

足関節捻挫について研究でわかっていること。

 

 

 

後半はライブ治療。

足関節疾患の2症例を実際に治療するところをライブでみます。

 

講師はリアラインコンセプトの蒲田先生。

 

皮膚の下の在り見えない神経や筋肉、肢帯、靭帯などを指で探りながら剥がしていきます。

これは当院でも行こなっている組織間リリースです。

 

なかなかやりがいのある治療方法ですが、

組織を剥がして本来ある動きを引き出すこの治療方法は、なにより治療の維持が抜群にいいのが特徴です。

 

様々な治療方法を勉強してきましたが、

「根本改善していく治療法」とはこのことかなと思い当院では取り組んでいます。

 

ライブ治療では

質問や何をしているかを確認しながら進んでいくので、新しい発見があり充実した時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

さてタイトルのお話ですが、

その2症例で患者としてモニターとなってくださったのが

元フットサル日本女子代表の江口なおみさん

です。

 

上記をクリックしていただけると、感想ページに移動します。

とにかく大絶賛でした。

サッカー、フットサル、バスケットボール選手には特におすすめ!といってました。

 

また当院でサポートしておりますフットボール選手の杉山選手とは

日本代表のが入れ違いのようでしたが、

ご存知ということでつい嬉しくなって杉山選手に報告しました^^

 

今度杉山選手にも試してもらいますのでまた報告しますね!

 

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

 

 

 

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

 

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

2018年

8月

08日

リアラインソックス~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

先日入荷したリアラインインソールについて記事を書きました。

 

今回はインソールと同時に入荷したリアラインソックスについてご紹介していきます。

 

 

リアラインソックスは「貼らないテーピング」と紹介されるように、

開発者の過去1万回ほどと言われるテーピングの経験から生まれた

履くだけでテーピングの効果をもたらすソックスです。

 

特に足関節の捻挫に対する効果は大きく、テーピングで固定、補助するのと比べ

肌への影響、技術や手間を省くことができるため、非常に有効となっております。

 

では、リアラインソックスにはそのようなテーピング効果があるのでしょうか。

 

①内果舟状骨間距離を縮めるための補助(背屈可動域を補助)

足関節は脛骨と腓骨、距骨から構成されます。

この足関節が背屈(つま先を上げる)をする際に、ただ背屈するだけでなく

距骨が後方に移動しながら背屈をしていきます。

その指標として内果舟状骨間距離があります。

しかし、足関節のハマりが悪い状態(不安定)では、

距骨がうまく後方に移動することができません。

その距骨の後方移動を補助するのが、

リアラインソックスの内側の繊維の効果です。

 

 

②内返しの制御

次は外側の繊維です。

この線維は足関節の捻挫(内返し)を起こさないように制御する役割があります。

そのため、足部の外側を持ち上げてくれるようにサポートをしてくれます。

 

③つま先立ちでの外側荷重の制御

更に外側のもう一つの繊維はつま先立ちをした際の外側への荷重を制御します。

つま先立ちをした際に外側荷重になってしまうと、物理的に足底は内側に向きます

これが何を表しているかというと、足関節捻挫と同じ肢位だということです。

もちろんつま先立ちでなくとも、底屈した際に足底が内に向くこともあります。

そのため、リアラインソックスではつま先立ちになる際に

母指球にしっかり荷重できるように外側の繊維があります。

 

ソックスは大きく分けて

 

・リアラインソックスレギュラー

・リアラインソックスプロ

・リアラインソックスソフト

・リアラインソックスソフトロング

 

と4種類あります。

 

 

それぞれの特徴として

 

・リアラインソックスレギュラー

 テーピングの高い機能を実現し、競技やその練習に適したタイプです。

 足底部には滑り止めがついており、連続使用は2~3時間がベストです。


 

・リアラインソックスプロ

 レギュラーと比べ、滑り止めが足底だけでなく側面にもあり

 シューズの中でズレることなく、靴との一体感を向上させます。

 連続使用はレギュラーと同じく2~3時間程度です。


 

・リアラインソックスソフト

 レギュラー、プロと比べ、ソックスの締め付け感が緩いため、

 1日中履いておくことが可能です。

 もちろん、テーピングの効果もありますが、より効果を感じたい場合は

 レギュラー、プロへのグレードアップがオススメです。


 

・リアラインソックスソフトロング

 ソフトと比べ、ハイソックスタイプのため

 ふくらはぎへのサポート効果もあるソックスです。

 連続使用はソフトと同じく1日中履いておくことが可能です。


 

 

 

 

履き方としては、まずつま先と踵を合わせて履きます


 

次にアキレス腱側にある「ReaLine」のロゴが外側を向くように回します

 

この様に捻ることで、テーピングの役割をする繊維が各部位を引っ張り

テーピングの効果を発揮します。

 

 

 

と、ここまでリアラインソックスについて説明をしてきました。

特にバスケットボールやサッカーなどにはオススメですが、

足を使うスポーツ全般に非常に効果的です。

ご興味のある方は是非!

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

7月

19日

リアラインインソール入荷しました~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

こんにちは!

お久しぶりのブログになってしまいました。。。

 

今回は、先日当院で入荷した「リアラインインソール」についてご紹介していきます。

 

 

 

今回入荷したインソールは3種類あります。

 

リアラインインソール・スポーツ

リアラインインソール・ライト

リアラインインソール・ジュニア

 

以上の3種類です。

 

この全てのインソールに共通してある狙いとして、

足の歪みの原因、立方骨をサポートする」という狙いがあります。

 

足の歪みについて簡単に説明すると、

第五趾の延長線上にある足根骨の立方骨は、

足部にある3つのアーチ(横アーチ、内側アーチ、外側アーチ)を保つ

要石の役割をしています。

 

 

足部はその3つのアーチがドーム状になるように配置されているのですが、

立方骨が下方に落ち込んでしまうこと(外側アーチの低下)により、

立方骨の内側にある楔状骨が外方へ変位し、中足骨基部が外側へ変位するなど

足部の関節に歪みを起こし、アーチのバランスが崩れてしまいます。

 

歪みによって起こるのは扁平足、ハイアーチ、外反母趾などだけでなく

使い方の異常による疲労骨折などにも繋がってきます。

 

立方骨の低下
立方骨の低下
楔状骨外方変位
楔状骨外方変位

 

この様な歪みに対して、必要なことは「立方骨を支える」ことです。

立方骨が落ち込まなければ楔状骨が外側へ変位するスペースもなくなるので

上の画像のような歪みが抑制されます。

 

しかし立方骨は構造上、筋力で引き上げておくことができません

そこで必要になってくるツールが「リアラインインソール」なのです。

 

リアラインインソールには大きな特徴があります。

1つ目は中央アーチパッドで、立方骨を支えておくことができることです。

この中央アーチパッドは、3種類硬さがあり

「赤⇒青⇒黒」の順で硬さが変わってきます。

一番柔らかい赤が最初はオススメで、慣れてきた場合は青、黒と替えていきます。

しかし、インソールを入れる前に足底腱など、足部の癒着を剥がし

アーチパッドが収まるスペースが確保されている場合には最初から青でも

違和感を感じないこともあります。

インソール装着前に青竹や丸めたタオルを踏むなどして

立方骨を挙上させておくと、更に違和感は少なります。

歪みを起こす原因となる立方骨を支えておくためには非常に重要な部分です。

 

 

2つ目はフィット感です。

踵をおさめるヒールカップや母指球がおさまる部分によって、

インソールを履いていてもズレずに、とても高いフィット感を得られます。

 

3つ目はトウサポートです。

リアラインインソール・スポーツでは、トウサポートがない製品もありますが、

当院ではトウサポート付きの製品のみを入荷しました。

トウサポートは、急なストップ動作や下り坂、方向転換の際に

つま先をサポートしてくれるパーツになります。

つま先のサポートだけでなく、つま先と膝の方向を一致させるようにする

サポート効果もあるため、下肢の力が発揮しやすくなります。

バスケットボールやサッカー、登山にランニングなど様々なスポーツに最適です。

 

トウサポートはリアラインインソール・スポーツのみに取り付けることができます。

 

 

同時に入荷した「リアラインインソール・ライト」と

リアラインインソール・ジュニア」も基本的な狙いは同じです。

この2種類は中央アーチパットとトウサポートが一体型となり、低価格を実現し

革靴やスニーカーにもフィットしやすい製品です。

 

リアラインインソール・ライトの一体型の中央アーチパットは

リアラインインソール・スポーツの赤と同じ硬さのため変更できず

フィット感など含めるとリアラインインソール・スポーツには劣ってしまいますが、

日常使いや、最初に利用するには適しています。

慣れてきた場合はリアラインインソール・スポーツに変更できるのがオススメです。

 

 

 

リアラインインソール・ジュニアは子どものうちから正しい骨格、

正しい筋活動を覚えることができます。

足の歪みとは日常の細かい動作の積み重ねで起こってくるので

正しい使い方を覚え込ませるには早いに越したことはありません。

 

 

 

ここまでリアラインインソールについてご紹介してきました。

当院では、サンプルを用いた検査だけでなく、フィッティングも行えますので

ご興味のある方は、是非!

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

 

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

 

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

 

 

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

 

 

2018年

6月

20日

『腰・背中への負担を軽減するしなやかな上半身作り(バレエダンサーへのサポート) ~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~』

『腰・背中への負担を軽減するしなやかな上半身作り』

腰痛のバレエダンサーの症例を紹介します。

 

 

写真のように

しなやかな上半身はバレエダンサーにとって必要不可欠な要素ですね。

今回は上半身をもっと柔らかく、ダイナミックに動かしていきたいという要望でした。

 

過去2回施術をしてきて骨盤の問題を解消してきました。

前回、リアラインコアで上半身(胸郭)にアプローチしたところアライメント(関節の位置関係)が整い、腰・背部の不快な症状が楽になったことから

今回は骨盤の問題がなかったので、上半身(胸郭)へアプローチをしました。

 

   リアラインコアで評価をしました

 

 

【アライメントおよび動作評価】

・下位胸郭横径拡張制限(左胸骨下角の狭小)

・上位胸郭の挙上制限

・鎖骨の後退制限・肩甲骨の内転制限(特に右)

 

 

上記の評価による原因因子として、

◇滑走不全

・腹部の皮膚、腹直筋

・下位肋骨上の皮膚、肋間

・鎖骨上皮膚

・僧帽筋上部線維

・肩甲挙筋

 

◇筋機能不全

・下後鋸筋(特に左)

・胸部多裂筋

・頭部後方移動筋

 

この原因により

脊柱の伸展制限が起こり腰・背部の不快感が発していたのだと推測しました。

 

 

 

 

 

まずは整えていきます。

当院では組織間リリースによる癒着剥がしを徒手で行っていきます。

 

・腹部の皮膚、腹直筋

・下位肋骨上の皮膚、肋間

・鎖骨上皮膚

・僧帽筋上部線維

・肩甲挙筋

 

これにより不快感は消失し、正常で円滑な関節運動を取り戻しました。

 

そして持続的にこの効果を維持していくために

・チンインエクササイズ

・四つ這いでのフロントレイズ・サイドレイズ

を行いこれをセルフエクササイズとして提案しました。

※胸郭のセルフエクササイズはこちら

 

 

 

最後に嬉しい言葉を頂きました。

「ここに来ると次の日のレッスンが楽しみなんですよね」

 

 

 

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

 

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

 

 

 

 

2018年

3月

08日

ゴルフ骨折(肋骨)~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

ゴルフ骨折はご存知でしょうか?

ゴルフをやられる方は聞いたことがあるかと思いますが、

やらない方にはさっぱりな骨折です。

 

今回はそんなゴルフ骨折を説明していきます。

 

 

ゴルフ骨折とはゴルフスイングによる肋骨の疲労骨折です。

肋骨の骨折と言えば、転倒の際に肋骨を強打した際や

くしゃみなどの強い筋収縮よってに起こるイメージが強いですが、

ゴルフ骨折の場合は、ゴルフスイングによる疲労骨折です。

 

もちろん疲労骨折だけでなく、スイングの際の筋収縮で

骨が損傷する場合もあります。

 

ゴルフ骨折の好発は第2~9番の肋骨で、利き手(ゴルフの構え)と

逆の肋骨の肋骨角という部位が骨折します。

 

 

赤く○が付いている部分が肋骨角です。

この部位が損傷するため、スイングはもちろん、体幹の側屈、屈曲や伸展でも

肩甲骨と脊柱の間に疼痛が発生します。

 

原因としては、『飛ばしてやるっ!』と思い無理なフルスイングなどにより

肋骨が肋間筋に引っ張られて起こります。

 

一回のスイングで肋間筋に骨が傷つくほどの牽引が加われば

骨折するのはもちろんですが、

小さい牽引力を繰り返し受けることで疲労骨折を起こします。

 

外傷性の肋骨骨折であれば、骨片による損傷(気胸などの内臓損傷)が起こる

リスクはありますが、ゴルフ骨折の場合は使い過ぎによる疲労骨折のため、

骨折部の転位や変形は少なく、合併症も起こることは稀です。

 

治療としては、疼痛が強ければさらしで肋骨を固定、

そこまで強い疼痛がない場合はテーピングを貼り、3週程ゴルフは中止です。

 

また、疼痛が引いたらOKというわけでもなく、フォームの修正が必要になります。

当院ではリアラインコアを使って身体の使い方を覚え込ませていきます。

 

 

リアラインコアは動きながら関節を正しい位置に整え、

かつ正しい骨盤の状態で正しい筋活動を再学習できるというツールです。

上の写真はリアラインコアを使用している写真ですが、

右の写真は、ゴルフのスイングに対するアプローチをした際の写真です。

 

この写真の際は、まずは基本動作で骨、肋骨を整え

テイクバック、ダウンスイング~インパクト、フィニッシュと

それぞれのフェーズを繰り返し行い、その後一連のスイングの流れを

繰り返していくというアプローチをしました。

 

身体をしっかりと使えるようになると、

飛距離正確性だけでなくケガのリスクも減っていきます

 

効率的に身体を使って、ケガから回復するだけでなく

スコアも伸ばしていきたいですね。

 

  

「施術の前後で体の変化が体感できる」

 

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

2018年

2月

21日

骨端軟骨損傷~北千住、草加、越谷、三郷、流山、松戸、柏でお悩みの方は~

 

骨端軟骨はご存知ですか?

 

幼小児特有のケガです。

 

今回は骨端軟骨の説明を交えながら骨端軟骨の損傷について説明していきます。

 

 

まずは骨端軟骨の説明からです。

 

骨の成長は成長ホルモンがこの骨端軟骨に刺激を加えることで、

細胞分裂が促進され骨が成長していきます。

他にも骨への長軸方向への圧が骨端軟骨に刺激を加え成長を促します。

※バスケ、バレーの着地など

 

骨端軟骨とは、小児の骨に存在し、骨の成長に関与する部分です。

成長軟骨骨端線など様々な呼び方があります。

赤ちゃんの前頭部がペコペコするのも

大まかに言うとこの一種です。

 

 

骨は男性が約18歳、女性が約16歳で成長が止まりますが、

これは骨端軟骨の閉鎖(軟骨の骨化)したことを指します。

 

 

骨端線 骨端軟骨 成長軟骨

 

上の画像では赤〇の部位に骨が2つあるように見えますが、実は1つの骨です。

骨端軟骨は軟骨のため、レントゲンには映らないため

この様に分離して見えてしまいます。

 

では、骨端軟骨の損傷とは?

 

簡単に言えば骨折の中の1つです。

 

小児の骨は骨膜が強靭コラーゲンを豊富に含み石灰化している部分が

成人に比べ少ないため、骨に弾力があります。

骨折するほどの外力が成人の骨に加わればポキッと折れますが

小児の骨に加わった際は、その弾力から完全に折れることは少なく、

力学的に脆弱部である骨端軟骨周辺に損傷をきたすことが多くなります。

※枯れた木の枝を折った際は簡単に折れますが、

 新緑の枝を折っても水分量が多く線維がしっかりしているので曲がるだけで折れないのと一緒です。

 

この骨端軟骨の損傷はソルターハリスの分類という

分類があり、Ⅰ型~Ⅴ型まであります。

 

南江堂 柔道整復学・理論編 第3版より
南江堂 柔道整復学・理論編 第3版より

 

Ⅰ型(骨端線離開)

 

Ⅱ型(骨端線離開+三角骨片)

 

発生頻度が高いです。

 

Ⅲ型(関節内から骨端線まで骨折が及ぶもの)

 

Ⅳ型(関節内から骨端線をまたぎ、骨幹端まで及ぶもの)

骨端線が剪断されていることから成長障害、変形を残すなど予後が悪いです。

 

Ⅴ型(骨端線が圧挫されたもの)

Ⅳ型と同じく予後が悪いです。

 

 

以上のように分類されます。

カッコ内は説明です。

 

Ⅰ型からⅢ型に関しては、正しく整復が施されていれば

骨の成長にも大きな影響は出ず、予後は良好です。

 

しかし、Ⅳ型とⅤ型のように明らかに骨端軟骨の損傷が強い場合

変形して骨が癒合したり、成長にも影響が出てきます。

 

小児の骨折は保存療法が基本ではありますが、

状態によっては手術が必要になる場合もあります。

 

逆に、骨端軟骨周辺での骨折による血腫が骨端線に触れると

成長が刺激され過成長を起こすことがあります。

 

以上のようなことから、骨端軟骨の損傷は今後の成長を

妨げてしまう可能性もあります。

 

医療機関を受診した上で適切な処置が必要です。

 

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」

 

北千住駅より徒歩3分にある千住スポーツケア整骨院

☎03-5284-8081(予約をしていただけるとスムーズです)

北千住の方だけではなく

草加、越谷、春日部、三郷、流山、守谷、つくば、松戸、柏、我孫子など

北千住を経由されている方には便利な21時30分まで受け付けをしております。

 

千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。夜9時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。木・日・祝定休(月末第5週目は休診となることがあります)/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。
スポーツ障害・スポーツ外傷に強い!根本改善し故障しにくいからだへ。からだをプラスへ転じよう!!

 

保険診療のご予約

直接お電話ください。

03-5284-5850なお、保険外診療(整体、運動療法他)ご希望の方もお電話でも受け付けております。

その他ご相談も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください。

 

今月のスケジュール

 

 

<休診日>

日曜 

 

24日(月・祝)の営業時間は10:00~13:00/14:00~19:00となります。

 

29日の営業につきましては、10:00~13:00とさせていただきます。

 

年末年始につきまいては、12/30~1/3は休診日となり、1/4から通常営業となります。

 

 

<休診日>

日曜 

 

24日(月・祝)の営業時間は10:00~13:00/14:00~19:00となります。

 

29日の営業につきましては、10:00~13:00とさせていただきます。

 

年末年始につきまいては、12/30~1/3は休診日となり、1/4から通常営業となります。

当院掲載の口コミサイト

北千住で選ばれ続けている整骨院【千住スポーツケア整骨院】創業10年。お問合せは03-5284-8081まで。22時まで診療。土曜日も19時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。日定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

Facebook

 

当院併設の運動施設

R&Fカラダプラス 加圧トレーニング&コアトレーニング専門施設 足立区北千住駅より徒歩2分
パーソナルトレーニング専門施設

R&Fカラダプラスの ご利用者様からの声

当院の施術方法 

 今月のピックアップ

  リアライン・コア 

  トレーニング

北千住で選ばれ続けている整骨院 【千住スポーツケア整骨院】千住スポーツケア整骨院/お問合せは03-5284-8081まで。22時まで診療。土曜日も19時まで診療。お仕事帰り部活動後にも便利。日定休/北千住駅西口より徒歩3分/駅近/スポーツケア/整骨院/柔道整復/スポーツケア整体/メディカルトレーニング/リアラインコア/加圧リハビリ/加圧トレーニング/コアトレーニング/スポーツテーピング/姿勢改善/スポーツ障害/スポーツ外傷/ケガ予防/早期回復/故障しにくいからだづくり を行っております。

関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法です。

詳しくはコチラ